グルコサミン
について
グルコサミン
について
以前より当院では特に変形性膝関節症に対してグルコサミンを使っておりますが、最近以下の働きがあることがわかりました。
『血小板凝集抑制作用』『抗炎症作用』
『抗炎症』の作用があるために、椎間関節性の腰痛(腰の骨と骨のつぎめが悪くて痛みが出ること)にもグルコサミンを使っております。
また『血小板凝集抑制』の作用のために高血圧や動脈硬化がある方、痛風の方にグルコサミンを積極的にお勧めしております。
動脈硬化は当院では血圧脈波測定器でその診断をしております。
痛風の方はそのほとんどが動脈硬化を合併しております。
グルコサミンの血小板機能におよぼす影響
gul_img1
gul_img1
血小板粘着能と血流速度におよぼすグルコサミンの影響
gul_img2
gul_img2
グルコサミンの血小板粘着能と血流速度におよぼす影響をマイクロチャネルアレイ法で調べた。

上の図に示した男性症例の場合、グルコサミン非添加の条件では血小板を主体として粘着凝集がおこり、血流速度が約85秒(血液100ulを流すのに要する時間)に延長していたが、0.1mMのグルコサミンを添加すると、血小板の粘着凝集が抑制され、血流速度が約58秒に改善された。
出典:

薬理と治療(JPT)
JAPANESE PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS(国際文献略号 Jpn Pharmacol Ther)
2017年11月20日発行 vol.45 no.11 別刷
自転車競技選手の軟骨代謝に及ぼすグルコサミンの効果
一軟骨・骨代謝マーカーを用いた層別解析一
ライフサイエンス出版

スポーツにおける関節ケアとグルコサミン
2016年42巻1月号(通巻546号)
Medical Science Digest(p.46~p.50)
ニューサイエンス社
グルコサミン自動販売機
gul_machine
入口付近にある自動販売機でグルコサミンを販売しています。
窓口で購入するより100円お安くなっています。
グルコサミンとは?
doctor_illust

グルコサミンには弱い痛み止めの作用があります。
夜も痛くて眠れない、痛くて起き上がれない、こういう強い痛みには勧めません。



047-312-7788
※ガイダンスに従ってご希望の番号を押してください
©菅原整形外科制作: まつさおり事務所