院長挨拶

 

院長からのご挨拶

整形外科は、皮膚や内臓を除いた首から足までのすべての骨、関節、筋肉、じん帯、腱、せき髄、神経の治療を守備範囲としています。部位的にはせき柱(首、腰)、四肢(肩、腕、手、大腿から足)と、人体活動の要となる運動器官を担当する診療科です。

院長 菅原 忍
院長 菅原 忍

やけどや創傷を皮膚移植や形成などによって治療する形成外科が表面外科といわれるのに対し、整形外科は機能外科ともいわれます。名称こそ似ているものの、両者の領域は根本的に異なっているのです。

私たちが整形外科と聞いて、まず思い浮かべるのはけがの治療ではないでしょうか。駅の階段を踏み外して足首を捻挫(ねんざ)したり、スポーツ中に骨折や打撲をして、救急外来に駆け込んだ経験をもつ人も珍しくはないでしょう。事故で手足や指が切断されてしまったときに、骨や関節を接合するのも整形外科医の専門です。

このような外傷治療のほか、肩こり、腰痛、手足の関節痛、神経痛など、痛みやしびれといった自覚症状があったときにも、整形外科が選択肢として考えられます。肩こりでは首(頚椎)から肩、腰痛では腰、神経痛では頚椎や腰椎に障害があったり、関節痛では老化現象やリウマチの疑いもあるからです。

痛みやしびれの原因が体のどの部位にあるかを突き止めることが、整形外科治療の第一歩となります。

略歴

昭和62年
順天堂大学卒業
平成2年
順天堂大学伊豆長岡病院(静岡)
平成6年
関東労災病院(神奈川)
平成7年
多摩南部地域病院(東京)
平成9年
アメリカ留学
平成10年
順天堂大学病院(東京)
平成12年
11月より現在に至る
順天堂大学医学部生化学非常勤講師
日本整形外科学会専門医・スポーツ医
グルコサミン研究会幹事

お問合わせ:047-312-7788

診療時間